[要約] 五感を探るオノマトペ: 「ふわふわ」と「もふもふ」の違いは数値化できる

オノマトペはアンケート方式で数値化することで様々な事に活用することができます

この音声コンテンツは本の要約を聞くことで今まで知らなかった世界観を楽しむ音声の旅です。自分自身の世界を見る目を広げる事を楽しむ音声プログラムとなっています。
実際に読んだ内容を要約形式で自分なりに解釈した内容を話します
  • オノマトペとは
    • ふわふわ、もふもふ、喉がイガイガ
    • 擬音語、擬態語とも呼ばれる
  • 最初に数値化できるか? について
    • アンケート方式で数値化出来ます
    • たとえば「月」の概念について
      • 「美しい – 醜い」
      • 「嬉しい – 悲しい」
      • 「暖かい – 冷たい」
      • といった形容詞を5段階や7段階で評価してもらいます。
      • 月は「非常に美しく、やや悲しく、少し冷たい」という評価になります。
    • これは
    • SD法 (sementic differential method)
    • と呼ばれます
  • こういった数値化することによって科学的、工学的にオノマトペを使う事をまとめた書籍です
  • たとえば2歳と3歳の子供が今までにないオノマトペ「のすのす」を聴いただけで
  • 82%の正答率で特定の歩き方を結びつけられる
  • という報告があります。
  •  
  • オノマトペの特徴として直感的に表現することができます
  • たとえば化粧水を説明する時に
  • 「みずみずしさが7で、なじみの早さが6で、あぶらっぽさは1で…」
  • という人はいないのに対して
  • 「さらさらしっとりして気持ちいいの」
  • と短く表現することができます
  •  
  • オノマトペは「人の感性」の学問とも言えます
  • 人の五感であるところの聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚といった
  • 五感を通して頭で理解し、感じる能力の事を「感性」と呼びます
  • 人は何かに触れた時に「さらさら」「ざらざら」といった感性をオノマトペで表現する性質を利用して
  • オノマトペを数値化する事によって人の理解をしたり、人工知能に応用することもできます。
  •  
  • たとえば「商品イメージを強調する色」
  • 色をオノマトペで表現することはありませんが
  • 「ピンク色」を「かわいい」
  • 「赤」を「怒り」
  • といった感情を表現することができるので、SD法であるところのアンケートを使えば紐づけることができます。
  • 「さらさら」は「白色」
  • 「もふもふ」は「肌色に近いオレンジ」
  •  
  • 同様に「商品検索」としても応用したり
  • 身近なところでは病院での診察や「がん患者の痛み表現」の表を作成して、治療に活用する方法もあるそうです。
  •  
  • 最後にオノマトペの語源としては
  • 古代ギリシア語の「オノマトポエイア」とされ、意味は
  • 「語を創ること」「名付け」であったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA