[要約]ハシビロコウのすべて:廣済堂ベストムック

鳥類の枠を越えて人気のハシビロコウ。野生の姿や生態を写真と図解で余すところなく解説。日本国内13羽のハシビロコウもすべて紹介します。

一冊丸ごとハシビロコウです!

鳥類の枠を越えて人気のハシビロコウ。野生の姿や生態を写真と図解で余すところなく解説。日本国内13羽のハシビロコウもすべて紹介します。
 
一冊丸ごとハシビロコウです!
 
ハシビロコウとは
羽を広げると2.5メートルほどになる大きい鳥
クチバシが大きく、動かない鳥と言われています。
 
ハシビロコウは動かない鳥と言われている理由は狩りをするために生息地の湿原で
じっと動かないまま数時間も待ち続ける姿にあります。
ナマズなどの魚類を狙いますが、なかでも大型の全長60cmの肺魚が大好物だそうです。
 
ハシビロコウは渡りを行いません。
自分の縄張りである湿原にずっといます。
飛行距離は上昇気流に乗れば最大で500mほど飛ぶそうです
 
 
雑誌の中では日本国内で飼育されている個体の顔の違いや
野生のハシビロコウの写真が載っています
アフリカの湿地帯。緑豊かな自然が広がる大地で白目で肺魚を食べていたり
つがいになって子供を育てている写真が掲載されています。
 
日本国内の動物園では13羽のハシビロコウが飼育されています。
2012年には全世界で40羽が飼育されているので、世界と比較しても飼育数が多く、人気の高さを感じさせます。
また、ハシビロコウの生息地、アフリカでもジャングルツアーが企画されており、海外でも根強い人気があるようです
 
 
国内で飼育されている場所は
  • 東京: 上野動物園
  • 栃木: 那須どうぶつ王国
  • 千葉: 千葉市動物公園
  • 静岡: 伊豆シャボテン動物公園
  • 静岡: 掛川花鳥園
  • 兵庫: 神戸どうぶつ王国
  • 高知: 高知県立のいち動物公園
 
飼育員さんからの賢いエピソードや可愛いエピソードが掲載されているんですが
他の動物園は1つが普通なのに、掛川花鳥園だけいっぱい書かれています
 
どの子もちゃんと顔を覚える頭のいいハシビロコウがいるそうです。
 
2ページのマンガもある
おじぎをするとおじぎ返しをしてくれるエピソードが書かれています。
 
ハシビロコウグッズも掲載されていました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA